脱毛と小顔矯正で一味違う自分に|一皮むけたおNEWなわたし

女性

脱毛の仕組み

美容

近年、脱毛サロンの脱毛器がさらなる進化を遂げ、大阪の脱毛サロン看板機器になっています。今から4年前の話になりますが、毛母細胞に毛を生やす指令を送るバジル領域があることが判明し、その研究結果で出来た大阪脱毛サロンオリジナルの新脱毛方法が多くの方に好まれるようになりました。一般的な脱毛方法よりも時間が短めで、しかもほとんど痛みがないことから、安全性の高い脱毛方法として大阪のサロンではかなりの人が注目するようになったのです。ジェルの量を少なめにし、肌への負担を考慮したためか、ジェルを身体全体に塗る時間が軽減されたことも、脱毛時間を大幅に削減した要因で間違いありません。結果、前進脱毛に一日以上かかっていたところを、わずか一日で終えられるようになったのです。

最新の脱毛器で脱毛をする過程には、毛の成長期が関係しています。これはバジル領域から幹細胞が活発に送られている箇所です。その毛根は光を吸収するメラニン色素が大量に含まれており、その周辺には毛母細胞と毛乳頭が存在します。最新脱毛器をその箇所にあてると、バジル領域に直接当たることになります。結果、幹細胞の動きが活発化すると共に毛根に運ばれる幹細胞を抑制させることができます。これが制御されると今度は、毛の成長が止まるため、栄養失調のため毛が抜け落ちてきます。これが大阪の脱毛サロンで受けられる最新機器の脱毛効果になります。ただしばらくすると、毛の再生が開始され、新しい毛母細胞の中新しい毛が生えるようになります。この段階だとすでに栄養失調状態なので、毛は太くならず細くなる一方です。再び光を当てることでバジル領域は完全に破滅状態になり、毛の再生が不可能になるわけです。